• トップ
  • おしゃべりルーム
  • おかね調査隊
  • まなびルーム

コラム

2020/03/12

「ポイ活」している?トクするポイントの“使い方”を知ろう!

2020/03/12

みなさんは、「ポイ活」していますか?貯めてはいるものの、時間がかかったり、有効期限が切れたり、ポイントの有効活用は意外と難しいものです。今回は、少ないポイントでも有効活用できるポイント投資を中心に、ポイントの活用方法についてお伝えします。

投資にも使える!貯めたポイントの活用方法

ポイントの貯め方、使い方

ポイントはクレジットカードや電子マネーで決済したときに付与されることが多いですが、さらに効率的にポイントを貯めるには、一手間かける必要があります。

たとえば、電子マネーの場合は、クレジットカードからチャージすれば、電子マネーで支払った時、クレジットカードからチャージされた時の2段階でポイントを獲得できる場合があります。また、ネットショッピングをするなら、ポイントサイトなどを経由してショッピングをすれば、通常のお買い物で獲得できるポイントに加え、ポイントサイトのポイントも獲得できます。

そして、貯まったポイントは商品と交換したり、現金代わりに使えたり、自治体ポイントなどにも交換できますよ。自治体ポイントというのは、自分が住んでいる自治体で利用できるのはもちろん、全国の特産品を扱うオンラインショップなどでも利用可能です。

※外部サイト「自治体ポイント」

ポイント数が少ない場合は、ポイント交換サイトで、使わないポイントを使うポイントに交換にしましょう。ポイント交換サイトなら、どのポイントがどのポイントに交換できるか、一目でわかるので便利です。

また、ポイント投資なら、まとまったポイントがなくても、ポイントの有効活用ができます。ポイント投資とは、ポイントで株式や投資信託などを購入して投資ができるサービスです。ポイントを運用して疑似投資ができるポイント投資もありますが、ここでは、実際に金融商品を購入するタイプのポイント投資をお伝えします。

ポイント投資とは

ポイント投資ができるポイントは、Tポイント、楽天スーパーポイント、LINEポイントなどがあります。それぞれ、TポイントはSBI証券とSBIネオモバイル証券、楽天スーパーポイントは楽天証券、LINEポイントはLINE証券などで口座を開き、金融商品を購入します。

必要ポイント数は、投資内容にもよりますが、100ポイント100円分からでも購入できます。投資に興味はあるけれど、一歩踏み出せないという人にとっては、ポイント投資は投資を始める良いきっかけになるかもしれませんね。

自分に合ったポイント活用方法を見つけよう

ポイントは使ってこそお得なものです。自分に合ったポイントの上手な活用法を見つけてください。その際、ポイント投資も視野に入れると、選択の幅が広がりますよ。

(テキスト監修:ファイナンシャルプランナー 前田菜緒

コラムを読んだ感想などコメントが集まったヨ!
みんなはどんな風に感じているカナ?

みんなのコメントを読む

みんなのコメントを読む

トピックをみる >