• トップ
  • おしゃべりルーム
  • おかね調査隊
  • まなびルーム

コラム

2020/04/07

知らないうちにお金が貯まる!?「先取り貯蓄」とは?

2020/04/07

「貯蓄の仕方」について、きちんと考えたコトってあるカナ?

コミュニティでも度々話題に挙がる「貯蓄」に関して。貯蓄をしているという方は多い印象ですが、「貯蓄の仕方」について、きちんと考えたことってありますか?

しっかり貯蓄をできている人と、できていない人の差は何でしょうか?もしかしたら、先取り貯蓄をしているか、していないか、だけかもしれません。今回は、貯蓄の効果が想像以上に大きい先取り貯蓄の方法についてお伝えします。

「先取り貯蓄」について考えてみよう

先取り貯蓄の考え方

先取り貯蓄は、貯蓄の方法としてよく聞くかもしれませんが、先取り貯蓄せずして貯蓄はできないと言っても過言ではありません。貯蓄をするなら、まずは先取り貯蓄です。もし、今より貯蓄を増やしたいと思うなら、節約して残ったお金を貯蓄に回すのではなく、先に増やしたい金額分のお金を貯蓄してしまいましょう。そうすれば、節約するより確実にお金は貯まるはずです。

先取り貯蓄の方法

では、先取り貯蓄にはどのような方法があるでしょうか。

【1】 給与口座を2つに分ける

これは、今すぐ先取り貯蓄をはじめたいという人にオススメの方法です。1つは生活用口座、もう一つは貯蓄専用口座として手をつけなければ、確実に貯蓄ができます。最近は給与を2つの口座に分けて振り込んでくれる会社が増えてきました。ご自身の会社でもできるのか一度確認してみてはいかがでしょうか。

【2】 財形

財形年金と財形住宅には、一定の貯蓄残高まで利子等に税金がかからないメリットがありますね。一般財形には非課税のメリットはありませんが、会社で手続きができますから、先取り貯蓄をするには始めやすい方法といえます。ただ、今は低金利ですから、一般財形の貯蓄商品として何を選ぶかはよく考えたいですね。

また、単純に貯蓄するだけではなく金融商品を活用して効率的に増やしていきたいという方には、このような方法もあります。

【3】 年金保険

老後のための貯蓄であれば、有効な先取り貯蓄方法です。ただ、やはり低金利ですから、貯蓄に効果があるかは、じっくり判断したいところです。

【4】 iDeCo

老後のための貯蓄としては、年金保険より効果的です。年金保険は生命保険料控除で節税ができますが、iDeCoはそれ以上に節税が可能です。また、一度加入すると60歳まで資産を引き出すことができませんから、資産作りのための強制力も働きます。

【5】 つみたてNISA

つみたてNISAの資産形成の目的は自由です。投資信託で長期運用しながらコツコツお金を育てていく制度です。最長20年は利益に対して課税されませんから、長期の先取り貯蓄をするには非常に有効な方法です。

当初は2037年までの制度でしたが、2020年度の税制改正で2042年まで延長される予定です。今年、口座を開いても20年間、非課税投資期間が確保されます。運用で大切なことは長期間続けることですから、まさに長期投資するのにピッタリの制度です。

また、投資信託で運用すると聞くと少しハードルが高いと思われるかもしれませんが、つみたてNISAで扱われている投資信託は、金融庁が設定したレベルをクリアした投資信託のみです。そのため、初心者でも比較的安心してはじめられる制度といえます。

つみたてNISAができる金融機関は、たくさんあるので自分が利用している金融機関でもつみたてNISAができるか確認してみてはいかがでしょうか。

先取り貯蓄を実行しよう

先取り貯蓄方法を5つ紹介しましたが、気になる方法はあったでしょうか。貯蓄額を増やすには、毎月の積立額を大きくすることですが、そう簡単に貯蓄額を増やすことはできません。であれば、長い時間をかけて行うことが大切です。時間は取り戻せませんから、はじめるならはやく始めたいですね。

次回からはつみたてNISAについて詳しくお伝えしていきます!

(テキスト監修:ファイナンシャルプランナー 前田菜緒 https://ameblo.jp/familymoney

コメントでは、コラムを読んで試してみたくなったコトや、ミンナが実践していることを教えてネ!

トピックでコメントする

トピックでコメントする

※コメントするには、コミュニティに会員登録またはログインが必要です。