• トップ
  • おしゃべりルーム
  • おかね調査隊
  • まなびルーム

コラム

2021/1/29

「投資の勉強」ってどうはじめるのがいい?

2021/1/29

投資をはじめるにあたって、投資の勉強からスタートする人は多いことでしょう。
しかし、その勉強も難しく、なかなか前進できない、投資をスタートできないというケースは珍しくありません。

では、どうすれば前に進めるでしょうか。
勉強の仕方やオススメの勉強法などお伝えします。

本は1冊、その1冊をバイブルにしよう

最初に思いつく勉強法は本を読むことではないでしょうか。
投資に関する本はたくさんあるので、どの本が良いのか迷いますよね。本を選ぶ基準は、自分の知識レベルに合ったもの、そして、何のために投資をしたいのか、その目的に合っているものです。

「楽しむために投資をする人」と「将来のための資産形成に投資を取り入れたい人」では、投資する目的が違いますから、商品も異なります。したがって自分が投資する目的について書かれた本で、自分のレベルに合った本を選ぶと良いでしょう。

お気に入りの本を見つけたら、読むのはその1冊だけでOKです。その本に書かれた投資方法を実践しましょう。そして、わからないことが出てきたら またその本を参考にして、本をバイブルのように使います。

そして、その本でも解決できないようなレベルの問題に遭遇したら、ステップアップの時期です。問題解決できるような情報をネットで検索したり、別の本を探したりします。本を読むのが苦手な人は雑誌でも充分です。

このように、投資の勉強は最初のうちは何に投資するのかイメージできる程度で大丈夫です。なぜなら、投資をはじめる前にいくら勉強しても、理解できないことはたくさんあるからです。投資をスタートしてから、実践的に勉強をして知識を深めていきます。

投資は目に見える物体ではありませんから、分かりづらいものです。しかも、普段使わない言葉もたくさん出てきて、親しみづらいものです。したがって、投資に関する内容を投資する前に理解するには限界があります。そのため、投資に必要なのは少々の勉強で問題なく、むしろ必要なのは「慣れ」なのです。

オススメの勉強法3選

本を読むことだけが勉強ではありません。その他にも、自分で勉強できる方法はありますから、オススメの勉強法を3つお伝えします。

1. 証券会社の学習コーナーで学ぶ

ネット系の証券会社のホームページでは、投資に関する情報を数多く配信しています。言葉の意味の解説やマネーコラムや動画コンテンツなど非常に充実し、十分な量の情報収集が可能です。

証券会社の口座を持っていなくても見られる情報は数多くありますから、一度調べてみてはいかがでしょうか。また、口座を持っていればメール配信サービスを利用できます。経済情報に関するメールが配信されますから、経済に慣れるには効果的な勉強法です。

2. 新聞の経済欄を見る

新聞の経済欄は旬のニュースが掲載されていますから、投資をはじめたい人にとっては興味を持って読める内容ではないでしょうか。新聞を購読していない場合は、新聞会社の無料メール配信サービスを利用するのも良いですね。全文を読めるわけではないですが、世の中の動きと投資環境は関係しますし、その情報に触れることで十分勉強になります。

3. Googleアラートを利用する

Googleアラートは特定のワードをGoogleに登録することで、そのワードに関する情報がメール配信されるサービスです。例えば、「ポイント投資」とキーワードを登録すれば、ポイント投資に関する情報がメール配信されます。こちらも無料ですから、利用価値は大きいです。

さて、以上3つの勉強方法を紹介しましたが、この3つに共通することはメール配信です。メール配信されると、そのたびに投資に関するワードを目にします。勉強より慣れることが大切と先程お伝えしましたが、メール配信される情報に頻繁に触れることによって、難しいと思っていた言葉にも慣れてきます。そして、言葉に慣れると難しいと思っていたことも難しいと思わなくなり、理解度も徐々に深まります。毎日、1〜2分で良いので、投資に関する情報にふれる頻度を増やしましょう。

勉強に終わりはないからこそ少額からスタートする

私事で恐縮ですが、私が投資をはじめたのは約20年前です。もちろんスタート時は言葉の意味もわからない上、今のようにネット社会ではありませんから、ネットから得られる情報はわずかでした。雑誌を読んで投資をはじめましたが、今でも投資の勉強は続けています。

時代とともに投資商品や投資環境が変わりますから、勉強が終わることはありません。それゆえ、勉強してから投資をスタートするのではなく、スタートしてから投資に慣れることで知識を深めていきます。

投資は案ずるより産むがやすしです。ただし、だからといって投資で大怪我することは避けなければいけません。だからこそ少額からはじめることが大切なのです。ポイント投資など少額からはじめられる投資方法はたくさんありますから、まずは少額投資からスタートしてみましょう。

(テキスト監修:ファイナンシャルプランナー 前田菜緒 https://fpsdn.net/fp/nmaeda/

コラムを読んだ感想や、もっと知りたくなったコトを募集中!みんなのコメントから発見があるカモ!

トピックでコメントする

トピックでコメントする

※コメントするには、コミュニティに会員登録またはログインが必要です。