• トップ
  • おしゃべりルーム
  • おかね調査隊
  • まなびルーム

コラム

2020/05/26

意外と簡単!?つみたてNISA口座を開いてみよう

2020/05/26

これまでのコラムで、つみたてNISAのことをお伝えしてきましたが、実際、はじめるにあたって、何からすればいいの?と疑問をお持ちの人もいることでしょう。今回は、つみたてNISAをはじめるにあたって、証券会社ではじめる場合の具体的な手続きについてお伝えします。

つみたてNISA口座を開いてみよう!

1.証券総合口座を開設

つみたてNISAをする金融機関で、すでに口座を持っているか持っていないかで手順は変わります。まだ口座を持っていないのであれば、まずは口座を作りましょう。証券会社で口座を作る場合は、証券総合口座を作ります。

準備するものは、マイナンバー本人確認書類です。本人確認書類は、運転免許証やパスポート、健康保険証などです。必要な書類については、口座開設をする証券会社のウェブサイトで確認しましょう。

そして、口座開設をする証券会社のウェブサイトより口座開設を申し込みます。証券会社によっては、手続きをすべてネットで完結することもできます。ネットで手続きを行う場合は、メールアドレスや住所、名前など入力し、マイナンバーカードや運転免許証等の写真をスマホで撮り、アップロードすれば、口座開設申込完了です。早ければ1〜2営業日ほどで口座は開設します。

2.つみたてNISA口座を開設する

証券総合口座を開設したら、次はつみたてNISAの口座を開設します。証券会社によっては、証券総合口座を開設するときに、つみたてNISAの口座も同時に申込することができます。

つみたてNISAの口座開設に必要な書類はマイナンバー本人確認書類です。証券会社のウェブサイトで、つみたてNISAの口座開設を申し込みましょう。

ネットで口座開設が完結する証券会社もあれば、郵送手続きが必要になる証券会社もあります。つみたてNISAの口座は、証券会社から税務署へ口座開設の申請をするので開設完了までは1~2週間ほどかかります。

しかし、証券会社によっては、最短2営業日でつみたてNISAの口座が仮開設されます。仮開設されると、つみたてNISAの取引が可能になりますから、早くはじめたい人にはオススメです。ただし、すでに他の金融機関でNISAやつみたてNISAの口座を開設していて、それを忘れて、つみたてNISAの口座開設を申し込んでしまうと税務署で承認されません。つみたてNISA口座が仮開設されたとしても、その口座は無効となります。他の金融機関でNISAやつみたてNISAの口座を開設していないか、申し込む前に確認しましょう。

3.つみたてNISA口座が開設されるまで

税務署での確認が終わると、いよいよつみたてNISAの口座が開設されます。開設までに時間があるので、その間に毎月の積立額やどの投資信託で積立を行うか、考えておいても良いですね。そうすれば、つみたてNISAの口座開設完了後、すぐに積立の設定を行うことができます。積立スタートまで時間がかかりますから、早めに口座開設をしておきましょう。

(テキスト監修:ファイナンシャルプランナー 前田菜緒 https://ameblo.jp/familymoney

コラムを読んだ感想や、もっと知りたくなったことや疑問に思ったことを教えてネ!

トピックでコメントする

トピックでコメントする

※コメントするには、コミュニティに会員登録またはログインが必要です。