• トップ
  • おしゃべりルーム
  • おかね調査隊
  • まなびルーム

その他

2020/12/22

欲しいものがきっと見つかる!ふるさと納税制度

2020/12/22

みなさんこんにちは、フィスコマーケットレポーターの高井です。

前回のコラムでは、ふるさと納税とは何なのか、そしてどういった手順を踏めば活用できるのかを解説しました。
振り返りとしてざっくり説明すると、「一部税金の支払い先を、自分で選んだ地方自治体に変えることで返礼品がもらえる」という制度です。そのため、「何ももらえない通常通りの納税をするよりも、返礼品がもらえるふるさと納税を活用しよう」という方が増えています。
そんなふるさと納税には、様々なジャンルの30万品目ほどの返礼品があり(参照元:※1ふるさとチョイス)、どれを選んでよいのか目移りしてしまいます。

今回は人気なものやおすすめのものについてご紹介します。

人気ランキング上位は地方特産の食品!

返礼品は、お肉やフルーツなどの地方特産の食品が特に人気のようです。

人気ランキングを見てみると、トップには佐賀産ブランド和牛切り落とし(佐賀県武雄市)、たっぷり牛タン塩味(岩手県花巻市)、本ズワイガニしゃぶしゃぶ(北海道紋別市)、南アルプス市産シャインマスカット(山梨県南アルプス市)など、品名を読んでいるだけでもお腹がぐうう~と鳴ってしまうような、美味しそうなものばかりが並んでいました。(参照元:※1 ふるさとチョイス 2020年12月時点)

また、ふるさと納税額に対して返礼品の額がどれくらいなのかを示す「還元率」が高いのは「食品」が多いというのも、人気の理由のようです。

食品以外も充実した品目

ふるさと納税というと食品を思い浮かべがちですが、実はキッチン用品やアウトドアツール、衣類や宿泊券まで、様々な返礼品が用意されています。そのため、みなさんがかねてから欲しかったものを、ふるさと納税サイトでぜひ検索してみてください。

例えば、ここ数年ブームが起こっているアウトドアにて使うツール(「ギア」と呼ぶらしいですね!)もたくさん掲載されています。
自宅での滞在時間が伸びたことでインテリアに目を向ける方も増えたかと思いますが、そんな方には観葉植物や椅子などの返礼品もおすすめです。
その他、意外な返礼品としては、スワロフスキーのイヤリングなどがありました。プレゼントにも喜ばれそうですね。
特に欲しいものがないという方は、ティッシュなどの生活必需品もありますよ。

個人的に選んでみた返礼品

普段気軽に買えないような物でも、返礼品でもらえるなら選んでみようという方は多いと思います。
私はお弁当用の“わっぱ”(木を折り曲げて作るお弁当箱)が欲しかったのですが、良質なものですと1万円近くするので、「お弁当箱に1万円はちょっと・・・」と尻込みしていました。ふるさと納税を活用すると負担額は2,000円なので、今回思い切って選んでみました。また、私の周りで選んだ方がとても多いのは、STAUBのお鍋です。このお鍋は、ライフスタイル雑誌やおしゃれなキッチン用品店でも多数取り上げられています。

そんな、いわゆる「みんなの憧れ品」が受け取れると知った時は、ふるさと納税の充実度に衝撃を受けました。

ふるさと納税はほとんどの方が簡単に活用できる

今までふるさと納税をしたことがない方でも、返礼品の中には必ず欲しいものがあるのではないかと思っています。そんな方に、ふるさと納税はほとんどの方が活用できるということ、そして手順は簡単だということを知っていただけたらいいなと思っております。手順については前回のコラム(5分で分かる、ふるさと納税制度)を参照してくださいね。

(※1)ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/rank?header

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ

フィスコマーケットレポーター 高井ひろえ

2017年にフィスコ入社。金融主要メディアや機関投資家への情報配信を行うかたわら、株式投資についてのセミナーにも講師や司会として多数登壇中。ミス首都大学東京2014。